ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

脳は、意外と矛盾が好きなのだ


自動車に
ブレーキとアクセルが併存するように
記憶の中に
相反する事柄が併存している


覇権主義も
平和主義も
軍国主義も
好きであれ嫌いあれ
頭の中で共存している


情報は実践に至らなければ
人畜無害だ


矛盾していても
併存できる


逆に言えば
矛盾が併存できているので
いざ実践の場において
あちらを立てればこちらが立たず
こちらを立てればあちらが立たず

悩むことになったりする


思考が統制されていれば
悩むこともなく
実践に速やかに移行するのだろうが
状況に対応する能力は
選択肢が狭まることから
落ちてしまうことになろう


その昔
コンピュータの処理速度が
まだ遅い頃...


コンピュータソフトが発達し
機能が増えると
処理速度が遅くなってイライラした


このイライラを解消すしてくれたのが
コンピュータの処理速度の向上だ
処理速度が向上すると
ソフトの機能がまた増えて
処理速度が遅くなり
さらに処理能力の高いコンピュータが欲しくなった


人間の脳みそは
このような共進化により
巨大化してきたのだろうと推察される


矛盾がありながらも
様々な思想イデオロギー感情を抱え込むように
進化してきたということだ


このような能力を押さえつけようとすると
「自由」が奪われたように感じて抵抗するのが
脳みその立場なのだろう


矛盾を好む立場であるということだ


仕事を奪われる哀しみを
脳みそが感じているのかどうかはさておいて
脳みそは
一生懸命働きたいと思っているのだろう


ーーーーーー
メモ


交渉力は
カードの多さと
その適切な切り方にあるようだ


ブレーキのないアクセルは
カードが少ない脳みそのように
複雑さにかけた
素直な状況ということになるのだろう


思考にも
嗜好にも
矛盾はつきものだ


知っている人と好きな人は別物だ
好きな人が嫌いな人も別物だ
好きな人を好きなままでいるにも
嫌いな人を嫌いなままでいるにも
努力が必要だ


努力が足りないと
「一貫性がない」などといわれることになる
しかし
脳みそは
悪びれることなく
一生懸命働いているらしい


ご指摘を真摯に受け止めるのも
大切であり
脳みそを信じてあげるのも
大切だ


悩むのが
脳みその商売繁盛なのだから
仕方がないのだろう


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。