ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

系譜的被造物としての『私』


私には
いくつも分かれ道があった


あの時
あちらの道に進んできたら
今頃
どうなっていただろ


様々な分かれ道を
進みぬけ
私は今の私になった


私は
初めから
今の私ではなかった


分かれ道を
進み
私は変わり続けてきた


私は
道を選び続け
私を
変え続けてきた


私は私の
系譜的被造物である


私は
系譜として
同一に属しながら
昔の私ではなくなったのだ


私は私ではなく
私なのだ


ーーーー
メモ


ニワトリが先か?
卵が先か?


同一のものが
次第に変わる場合
どこに境があるか不明確だ


時間に
逆らい
私が
系譜として
存在している


私が変るのは
逆らい難さからだろうか?


何かを目標に
努力をした


努力を
何に向けるのか
選んできた


時間がもたらす劣化ばかりではない
何かを創り続けてきた


私は
私の系譜的被造物である


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。